熱中症・日射病の予防と対策



熱中症を学ぶ

熱中症とは、体の中のあつさと外気の高温多湿などが原因となって引き起こされる、さまざまな体の不調の総称。熱射病や日射病は、重症の熱中症を指します。

昨年の夏、日本列島は異常な暑さとなり多くの人が熱中症で倒れ、亡くなられた方もいました。熱中症は、条件さえ揃えば誰でもかかる可能性があり、場合によっては死に至ることもあります。

熱中症は、熱波により体力のない高齢者が発症しやすい病気ですが、高温環境での幼児や労働者、スポーツ選手も発症します。

また、熱中症は暑い環境で起こるもの、という概念がありますが、体内の筋肉から大量の熱を発生することや脱水などの影響により、屋外・屋内問わず冬でも起こる可能性があるので注意しましょう。

熱中症の種類と症状とは

熱中症は、気温が急に高くなったときや湿度が高いとき、アスファルト、コンクリート、砂地の上にいるときなどに発生しやすいものですが、室内でも起きます。

また、一口に熱中症といっても症状は一様ではなく、その病態から以下の4つに分類されます。

(1)熱失神
直射日光の下に長時間いることで起こる。急に意識がなくなり、顔面そう白となって、脈が速くて弱くなる。

(2)熱疲労
脱水症状が起こったときに発症しやすい。皮膚が冷たくなり、汗を多くかく。脱力感、倦怠感、めまい、頭痛、吐き気などがみられる。

(3)熱痙攣
汗を多くかいた後、水分だけ摂取したとき発生しやすい。足、腕、腹部の筋肉に痛みをともなったけいれんが起こる。体温は正常であることが多い。

(4)熱射病
体温が40℃近くまで上昇。汗はかかず、意識障害(反応が鈍い、意識がない)が起こる。死亡率が高い。

以上のようなことを参考に、熱中症かなと思えるような症状があったときには早急に対応するようにしましょう。