日射病を防ぐ工夫



日射病を学ぶ

日射病とは、強い直射日光を頭に長く浴びたときに起こる病気。
一般に日射病は熱中症の重い症状とされていますが、発症メカニズムが同じことから最近では熱中症とひとくくりされつつあります。

日射病は主として、夏の暑い日差しの下で歩き回ったり、運動をしているときに起こります。
これは、炎天下でたくさん汗をかき、体内の水分が不足し脱水症状を起こすことが原因です。

また、運動をしなくても炎天下に長時間いるだけで日射病になることもあります。
これは、暑さにより体内の血管が拡張したものの心臓の働きが追いつかず血流が増加しない状態、いわゆる循環不全が原因となって発症します。

暑い日差しの下では、少しでも日差しを避ける工夫やマメな水分補給で、日射病にかからないよう注意することが大切です。

日射病の症状とは

日射病にかかると、まず全身の倦怠感、吐き気、あくびなどの症状が現れます。
やがてめまいや頭痛、吐き気などに襲われ、ひどいときは意識不明になり死亡するケースもあります。

日射病では、体温調節中枢の機能が低下して体温が急上昇し、時に40℃を越えることも。
顔が赤くなって息づかいが荒く、皮膚は暑くてさらさらと乾いた状態になりますが、脱水症状を起こしているため汗は出ないという特徴があります。

日射病になったときは、涼しい場所に移動し、足を上げ頭を低くして横になり、スポーツドリンクなどを補給します。
体温が高いときは、衣服を緩め通気性をよくし、冷たいタオルや氷などで冷やすようにします。

いずれにせよ、早期発見が大事なので、少しでもおかしいと感じたときは、涼しいところに移動し水分を摂るようにしましょう。