特に気をつけて欲しい高齢者の熱中症予防



高齢者の熱中症の予防

熱中症で亡くなる高齢者が、昨年の夏は相次ぎました。
原因として、高齢で暑さを感じにくく暑さ対策をしない、冷房が苦手、水分を摂らない、熱中症の自覚症状がないなどが挙げられます。特に一人暮らしの高齢者が室内で発症し、そのまま亡くなられるケースが多発しました。

体温調節機能が低下しがちな高齢者は、熱中症の予防のためにどのようなことを行ったらよいでしょうか。

・こまめな水分の補給。ノドが乾いていなくても定期的に水分を補給すること。特に就寝や入浴前後には必ず補給するようにする。

・できるだけ風通しのよい涼しい場所にいるようにし、家の中の温度上昇には注意すること。室温が高いときはエアコンを入れる。

・炎天下での外出はしない。

・通気性のよい、涼しい服装をする。

・栄養価の高い食事を摂る。

以上のような注意が必要です。

高齢者がいつもより元気がない、食欲がない、皮膚が乾燥気味などの変化があり、体温が37.5度以上ある場合は、医師に連絡をとるようにしましょう。また、近所に一人暮らしの高齢者がいるときは、周りの人がそれとなく健康状態などを注意したいものです。

熱中症の予防とは

熱中症を予防するためにどのようなことに注意したらいいでしょうか。ポイントは以下のような点です。

(1)体調管理
疲労がたまっていたり、寝不足をしていないか、下痢をしていないかなどをチェック。体調が悪い時は炎天下での遊び、スポーツはしない。

(2)水分の補給
汗をかいたら十分に水分を補給する。発汗によって失われた水分と塩分を補給するためただの水よりスポーツドリンクのほうがベター。

(3)服装
通気性の良い素材の服を着用し、色は黒などより白系統のほうがGood。外にいるときは帽子や日傘を利用する。

(4)場所
直射日光を避け、日陰になっているような涼しい場所を選ぶ。庭などに水をまくのも効果的。

(5)スポーツ
急激な激しい運動はしない。休憩、水分補給を頻繁にする。

熱中症は高温・多湿の環境下で誰もが起こりえる病気ですが、やはり体力が弱っているときに発症しやすいもの。そのため、普段から健康状態をチェックし、健康診断もきちんと受けておくようにしましょう。