学んでおきたい熱中症の原因



熱中症の原因とは何か

熱中症の原因は、高温・多湿です。
梅雨明けの時期や気温が急に高くなった時、気温は高くないが湿度が高い時、炎天下でアスファルト、コンクリート、砂地の上にいる時などに起こりやすく、高温・多湿であれば室内でもかかります。

熱中症は病態別に、「熱失神」「熱疲労」「熱けいれん」「熱射病」の4つに分類されており、いずれも高温・多湿という環境下で発症しますが、発症原因はそれぞれです。

熱失神は、強い直射日光を長時間浴びていたり、高温・多湿の室内で長時間作業やスポーツなどを行っていたときに起こります。

熱疲労は、炎天下で多量に汗をかき、脱水症状を起こしたときに発症。

熱けいれんは、たくさん汗をかいたあとに水分だけ補給し、体の中の塩分やミネラルが不足したときに起こります。

そして、死亡率の高い熱射病は、体温の上昇によって体温調節機能が失われたときに発症します。

熱中症は誰でもかかる可能性のある病気ですが、予防をしっかりすれば防ぐことが可能な病気でもあります。暑さ対策をしっかり行うことが大切です。

熱中症にかかりやすい人は要注意

熱中症は、気温が高い、湿度が高い、風が弱い、日差しが強い、急に気温が上昇するなどの環境下で、体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温の調整ができなくなることが原因で発症します。

熱中症は誰にでも起こる可能性がありますが、特に発症しやすいタイプの人がいます。
では、どのような人が熱中症になりやすいのでしょうか。

・子供、乳幼児
・高齢者
・肥満している人
・エアコンが嫌いな人
・風邪など発熱している人
・二日酔いの人
・下痢をしている人
・我慢強い人
・体を冷やさないため長袖を着て寝る人
・トイレが近くなるからと寝る前に水を飲まない人
・運動不足の人
・心疾患、循環器障害などの慢性疾患のある人
・日中の暑い時間帯に屋外で仕事をする人
・頻繁に屋外で運動をする人
・発汗に影響のある薬剤を使用する人
・熱中症になったことがある人
・体調不良の人
・高血圧、心臓病、慢性肺疾患、肝臓病、腎臓病、糖尿病などの内分泌疾患の人
・寝たきりの人

以上のような人は熱中症にかかりやすいと言えるので、当てはまる人は十分に注意するようにしましょう。