間単に作れる経口補水塩



経口補水塩とは一体なに?

経口補水塩(けいこうほすいえん)とは、下痢や嘔吐、発熱などによる脱水症状の治療に用いられる、食塩とブドウ糖を混合したもの。これを水に溶かした状態のものを経口補水液(ORS)といいます。

経口補水塩は水に溶かして飲むと、体内での水分の吸収力が促進されるため、脱水症状を起こしている人や下痢をしている人、体が弱っている人に利用されますが、その水分吸収力は、スポーツドリンクの10倍、水の25倍というすごさ。そのため"命の水"とも呼ばれています。

経口補水塩はもちろん熱中症対策としても用いられており、特に汗をかくことで体内の塩分(ナトリウム)が不足して発症する熱けいれんには効果的です。ただし、経口補水塩が役に立つのは軽度から中等度の熱中症で、重度の場合は、即病院へ連れて行くようにしましょう。

経口補水液の作り方の説明

経口補水塩は食塩とブドウ糖を混合したもので、これを水に溶かして飲むと小腸での水分の吸収力が非常によくなります。これは、ナトリウムやブドウ糖が吸収されるとき水分も一緒に吸収されるためで、熱中症対策として用いられています。

経口補水液は自分でも簡単に作ることができるので、熱中症予防のためにぜひ作ってみましょう。作り方は以下の通りです。

水   1リットル
食塩  3g(小さじ1/2杯)
砂糖  40g(大さじ4と1/2杯)

1リットルの水を沸騰させ冷まします。
それに上記の量の食塩と砂糖を入れればOK。お好みで梅干やレモン汁などを混ぜてもGood。
ゆっくり時間をかけて、20mlくらいの量を何回にも分けて飲むといいでしょう。

岐阜でVIO脱毛のおすすめサロン
扉を開けた瞬間無駄毛処理の悩みから解放!岐阜でVIO脱毛のおすすめサロンと言えばココ!