熱疲労には細心の注意が必要



熱疲労の緊急性

熱疲労とは、高温・多湿の中で多量の発汗によって水分と塩分(電解質)が過剰に失われ、脱水症状になったときおこる熱中症の症状の一つ。

熱疲労の症状は人によりさまざまで、めまい、立ちくらみ、脱力、疲労、頭痛、眼のかすみ、筋肉の痛み、吐き気や嘔吐などが現れます。体温は平熱の場合もあれば39度くらいまであがることも。顔面は蒼白で皮膚は冷たく大量の汗をかいています。心拍数や呼吸数は上昇しますが、血圧は逆に下がります。ひどい場合は、立っているときに失神したり、軽い意識の錯乱を起こすことも。

熱疲労は重症の熱中症になる一歩手前ですから、迅速な対応が必要です。
意識を失っていたり、錯乱がある場合には、すぐに救急車を呼ぶようにしましょう。

熱疲労の対策とは

熱疲労は大量に発汗したときなどに、熱を体外に放出させようとして皮膚の血管が広がり、それによって血圧が低下することで引き起こされます。

熱疲労は熱痙攣より重症で、より大量の水分や塩分が失われ、症状も重くなります。

熱疲労は熱中症の中で最も重症とされる熱射病の一つ手前の段階です。
そのまま放置しておくと熱射病になり、死を招くことも。そのため、熱疲労かなと思える場合は早急な対応が必要になってきます。

まず、患者を涼しいところへ移動させ、衣服を緩めて、足元を高くして休ませます。
食塩水やスポーツドリンクなどでナトリウムを補給し、体を冷やすようにします。
意識を失っていたり、錯乱、呼吸数や心拍数の増加、血圧の低下がみられる場合は、すぐに救急車を呼ぶようにしましょう。