熱射病と気付いたら早急な治療を



熱射病を学ぶ

熱射病とは、熱中症の病態の一つ。
熱中症は病態別に「熱失神」「熱疲労」「熱けいれん」「熱射病」の4つに分けられ、熱射病はその中で一番症状が重いとされています。

熱射病は、高温・多湿の中で長時間歩いたり、スポーツをしたり、作業をするなどをして大量の汗をかき、体内の塩分や水分が著しく不足し、体温の調節が効かなくなったときに起こります。

顔色が青白くなり、大量の発汗があり、皮膚は冷たくじっとりとした状態になります。
体温は普通かやや低めで脈は弱く、目まいや吐き気が襲ってきます。さらに症状が悪化すると、体内の血液が凝固し、脳、肺、肝臓、腎臓などの全身の臓器の障害を生じる多臓器不全となり、死亡に至る危険性が出てきます。

熱射病かなと感じたら早急に対応し、医師の治療を受けるようにしましょう。

熱射病の対策について

熱中症の症状の一つである熱射病の予防は、熱中症の予防と同じです。

一番大事なことは、高温・多湿の所に長時間いないこと。
どうしても無理な場合は、こまめに水分や塩分を補給し、戸外では強い光を避けるようにすることです。
日陰にいるようにするのはもちろん、帽子を被ったり、熱中症対策グッズなどを利用するのもいいでしょう。
服装は体を締め付けない通気性のよいものを着るようにします。

熱射病にかかると、意識障害、痙攣、手足の運動障害などがあり、早急に手当てをしないと死に至ることがあります。
そのため、ただちに救急車を呼ぶことです。

救急車が来るまでの間、涼しい所に移動させ、頭を低く足を高くして寝かせます。
体温が低い場合は、体を温め、意識がしっかりしているときは、水か薄い食塩水を15分おきくらいに飲ませるようにしましょう。