覚えておきたい熱中症の重症度



熱中症の重症度とは

熱中症の重症度は、?~IIIまでの3種類に分類されており、それぞれ以下のようになります。

?度 (軽症)
立ちくらみ、四肢や腹筋の痛みをともなった痙攣、血圧の低下、眼前蒼白、こむら返り、呼吸数の増加、失神などの症状。多量の発汗で、水のみを補給した場合に発症。

II度 (中等)
めまい、疲労感、虚脱感、頭痛、失神、吐き気、嘔吐、下痢、血圧の低下、頻脈、顔面の蒼白、多量の発汗などでショック症状が見られる。

III度 (重症)
II度の症状に加えて、意識障害、痙攣、手足の運動障害、体温の上昇、過呼吸、ショック状態などの症状がある。さらに、温度調節機能の破錠による多臓器障害が起り、脳、肺、肝臓、腎臓などに障害が生じる。

警戒しておきたい熱中症の病態と重症度

熱中症はその症状により、「熱痙攣」「熱失神」「熱疲労」「熱射病」の4タイプに分類されています。
これらは順番に症状が重くなっていき、前項で述べた熱中症の3つに分けられている重症度に対応させると以下のようになります。

?度 - 熱痙攣、熱失神
II度 - 熱疲労
III度 - 熱射病

暑いところに長時間いて、大量に汗をかき、立ちくらみやめまいなどがあった場合には、熱中症の初期症状と考えていいでしょう。この時点で涼しいところへ移動し水分を補給するなどの対応をすることで早めに回復します。さらに進むと、嘔吐したり、頭痛や虚脱感などが起こってきます。

熱中症は放置していると、?~IIIの過程で進行・悪化していくので、早期発見・早期治療が大事な病気と言えます。
特に子どもや乳幼児、高齢者には気配りをし、悪化しないうちに発見するようにしましょう。