熱中症が発症するメカニズムを学ぶ



熱中症のメカニズムと汗の関係

熱中症のメカニズムは、人間の体温を調節する機能に関係があります。
つまり、人間の体の熱と熱放出のバランスがくずれ、体温が著しく上昇してしまうことで熱中症を発症してしまうのです。

人間は恒温動物で36~37℃の範囲で体温を調節しています。
暑いときには、たくさん汗をかくことで気化熱により熱を奪い体温を低下させています。

しかし、体温より気温が高くなると、空気中への熱の放出が困難になり、体温調節は発汗だけに頼ることに。
さらにこのとき、湿度も高くなると、汗の蒸発も不十分になり汗による体温調節もできなくなってしまいます。その結果、熱中症が発症します。

熱中症は、このように体温を調する機能がコントロールを失い、体温が上昇してしまう病気です。

熱中症のメカニズムと血管の関係

熱中症は、体温を調節する機能のバランスが崩れることで発症しますが、体温の調節は汗のみでなく血管でも行われます。

直射日光や高温などで体の表面の温度が37度を超えると、体表を早く冷やすために皮膚側の血管が広がります。
そして、皮膚の血液量を増やして熱を放出しようとします。この体表を冷却しようとする血液が増えすぎて、内臓に流れる血液量が著しく減ってしまうことで起こるのが日射病です。

また、体温が上昇し、発汗などによって水分の量が極端に減ると、心臓や脳を守るために血管が収縮し始め、体表を流れる血液の量が減少します。そのため熱が放射できなくなり、体温の調節がコントロールできなくなります。

熱中症はとにかく、体温を下げ血液の循環を平常に戻すことが大事。そのために体を冷やしたり、水分の補給を行うようにしましょう。